真似したい!オシャレなリノベーションでよく見るテクニック実例

真似したい!オシャレなリノベーションでよく見るテクニック実例

後悔しないオシャレなリノベーションをするために

リノベーションというと、オシャレでハードルが高いイメージがあったりしますね。それがゆえに、逆にデザインをどうしたらよいのかといった不安がついてくることも。

最近では、リフォーム=原状回復(もとあった状態に戻すこと)、リノベーション=刷新(新たな付加価値をのせること)という概念が定着しつつありますが、リノベーションだからといって一概に「おしゃれ」とは言い切れない部分があるのも否めません。

せっかくリノベーションをするなら、おしゃれ空間を目指したいですよね。今回は、オシャレなリノベーションで参考になるテクニックをご紹介していきます。


関連記事:
リノベーションとは?リフォームとの違いや費用も徹底解説!
リノベーションの費用相場300万円台~&損しないローンとは?

“おしゃれの代表格「室内窓」”

真似したい!オシャレなリノベーションでよく見るテクニック実例
写真左)
室内窓は部屋と部屋の間に設置される窓です。室内窓を設けることで空間と空間がつながって開放感がうまれたり、採光をよくすることができます。室内窓はリノベーション事例でも様々なデザインを見かけますが、大きく分けて、実際に開閉できるものやFIX窓と呼ばれるはめ込みタイプのものがあります。

FIX窓は壁面を演出するアクセントになるので、小窓やスリット型、アクリルブロックの窓など好みのタイプや形を選んで空間演出を楽しめます。実際に開閉できるものは、そういったことに加え、風を通したり隣の部屋にいる人とコミュニケーションを取ることなどができます。

なお、家の中に窓を作る際、懸念事項等もあるため自身の条件と一致するか等リノベーションを依頼する会社にきちんと確認しましょう。

写真右)
 陽当たりの良いリビングにつながる室内窓で柔らかなあかりが入る寝室になっています。  室内窓なのでカーテンで覆う必要がなく、インテリアを主目的とした窓にすることが可能です。  

“オリジナルを表現する壁面デザイン”

新築物件によく見られるのが、全室全面同一の壁紙が貼られているケースです。それに対し、一面だけ壁紙を変える「アクセントウォール」という手法をリノベーションでよく見かけます。こちらは小売店やネットなどで好みの商品があれば、簡単にDIYすることができます。その場合はトイレなど小さい面積の壁からトライしてはいかがでしょうか。
リノベーション会社に依頼する場合、カラーの相談から素材、柄など選択肢は様々。部屋のスタイルをより理想のものにするためにもこだわって決めたいですね。



壁のレンガ張りのタイルの目地の色、太さ。斜めに貼っていった味のある床板。全く異なる素材たちが、そのディティールのこだわりによって調和し、ミッドセンチュリーのアメリカンテイストを作り出しています。



アイランドキッチンの側面など、室内を区切る壁以外にも取り入れるとグッとワンランク上の空間を演出できます。 またアクセントウォールの他に、固定概念を覆す「壁の形」を取り入れる方法もあります。 「壁は四角」という無意識な常識を持っている人は多く、形が違うと違和感を感じることになります。その違和感が洗練されたものによるものなら一気にオシャレ具合がアップします。



扇の入り口をドアではなくカーテンにすることで秘密の入り口のようなアクセントのある意匠になります。



柔らかな曲線が優しい印象を与えるR壁の仕切りは、アクセントになるのに圧迫感を与えません。

“無垢材の使い方|リノベーション事例”

細い床板を部屋中に敷き詰め、天井のパネリングと、床板は同素材で。やわらかく光が反射します。同じ素材でパネリング。上下が無垢材で、光がやわらかく反射していきます。   目を引く立体感のある天井は、ラーチという木を用いています。物件全体を通して、テーマカラーを守りながらも、視線を集める遊び心のあるデザインに仕上げています。同系色の無垢の床と天井からは包み込まれるような感覚を受けます。
 
 
リビングは、床板からはじまり、ドア、キッチンのボード、スリットとして用いた間仕切り。同じ『木』でも、用途によってその表情は様々。使用する部分によって材質を変えながらも、一つの空間として調和する物件に仕上がりました。間仕切りに用いる木材は、節の多い表情豊かなものを。ダウンライトを平行に設置し、落ちついた雰囲気に。完全に閉ざすことなく上部をスリットにすることで、光を取り入れています。
 

“リノベーションを自分らしくおしゃれに実現するために”

いかがでしょうか。おしゃれに見える、というテクニックは事例の中にたくさんあります。
自分らしいリノベーションを成功させるためには、こういった事例や待ちで見かけたショップなどからヒントやテクニックを学ぶことが一番の近道。自分にとって必要なもの、自分にとってワクワクするもの、そういったものを、選択していくことで自分らしくおしゃれなリノベーションを実現したいですね。 今回の事例は全てリノベ不動産|BeatHOUSE の事例ページからピックアップしました。リノベーションの参考にしてみてください。

関連記事

  • 一人ひとりのワクワクを実現するリノベーション事例
  • 事例写真付きリノベ先輩インタビュー
  • ここまで変わる!「団地がオシャレなバーに変身」リノベーション
  • お友だちを呼びたくなる!オシャレなキッチン事例6選~
  • 自慢したくなる東京の1LDKオシャレリノベーション物件特集
WORKS MORE