同棲を始めるあなたへ!2人家族におすすめな部屋数と間取りのポイント

同棲を始めるあなたへ!2人家族におすすめな部屋数と間取りのポイント

これからパートナーとの同棲や新婚生活を考えている人にとって、気になるのがどんな部屋を選ぶかですよね。一人暮らしと違い、2人家族では必要な部屋数も当然増えます。しかし、実際にどんな間取りの物件が向いているのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、2人家族におすすめの部屋数や間取りを徹底解説。同棲を始めるあなたに向けて、部屋選びのポイントもご紹介していきます。
 

部屋数が少ない1LDKは要注意!

同棲を始めるあなたへ!2人家族におすすめな部屋数と間取りのポイント

まずは、2人暮らしで必要な部屋数や向いている間取りについて、順番にご紹介していきます。1つ目は1LDKの部屋です。

1LDKとは、8畳以上のリビングダイニングと1つの居室がある間取りのこと。部屋数的には1つというカウントですが、実質的に使える部屋は2部屋あると考えていいでしょう。食事するスペースと寝るスペースを分けることができるので、料理の匂いが寝室に流れにくく、快適に暮らせる点がメリットです。

なお、ダイニングスペースの広さが4.5畳以上8畳未満の場合は1DKと呼ばれます。このことからわかる通り、1DKも1LDKと同様、食事スペースと寝室を分けることができる間取りです。


2人家族で1LDKを選ぶメリット
1LDKで2人暮らしをする場合、次のような点がメリットとして挙げられます。

・居室が1つなので2人が顔を合わせる機会が多く、仲を深めやすい。
・喧嘩しても謝るタイミングがたくさんあるので、比較的仲直りしやすい。
・2人で家賃を負担するのであれば安価で住める。

リビングと寝室が1つずつなので、基本的に2人が同じ空間で生活することになるのが特徴。よって、付き合いの長いカップルや新婚ホヤホヤのカップルなどにとっては、絆をさらに深めることができる理想の間取りと言えるでしょう。また、この後ご紹介する2DKや2LDKに比べると家賃が安い物件が多いので、2人で負担すればコストを抑えられる点も大きなメリットですね。


2人家族で1LDKを選ぶ時に気をつけたいデメリット
一見2人家族に最適なように見える1LDKですが、次のような点に注意が必要です。

・常に2人で一緒にいることになるため、1人の時間が取りづらい。
・お互いの生活リズムが違うとストレスになりやすい。
・収納が不足する可能性がある。

同棲を始める時点では、四六時中2人でいられることに憧れを抱くかもしれませんが、実際に生活し始めてみると「1人の時間が欲しい」と思う人は意外と多いもの。最近では新型コロナウイルスの影響で在宅ワークをする人も増えているため、パートナーのことを気にせず仕事に集中できる環境を確保することも大切です。

こうした観点を踏まえると、1人の時間が欲しいというカップルや、「片方が朝早くから仕事・もう片方は夜遅くまで仕事」といった生活リズムが異なるカップルの場合、1LDKの物件は向いていません。
 

1人の時間も欲しいなら2DKや2LDK

同棲を始めるあなたへ!2人家族におすすめな部屋数と間取りのポイント

続いてご紹介する2人家族におすすめの間取りが、2DKと2LDKです。先ほどの1LDKと比べると、部屋数が1つ増加。具体的にはリビングダイニングの他に、2つの居室があるという間取りです。

2DKと2LDKの違いは、1DK・1LDKと同様にダイニングスペースの広さ。ダイニングスペースが6畳以上10畳未満の部屋を1DK、10畳以上の部屋を1LDKと呼びます。ダイニングスペース以外の部屋数が2つあるため、食事するスペース・寝室の他にもう1部屋使えるということになりますね。


2人家族で2DK・2LDKを選ぶメリット
それでは、2人家族で2DKや2LDKの物件を選ぶメリットを具体的に見ていきましょう。

・1部屋を趣味部屋などとして使えば、1人の時間を大切にできる。
・1人1部屋使えるので、在宅ワークにも向いている。
・お互いの生活リズムを気にすることなく暮らせる。
・収納に余裕がある。

1部屋増えるだけで、多様なライフスタイルに対応できるようになるのがポイント。1人1部屋ずつ使うも良し、余った1室を趣味や仕事の部屋として使うも良し。一つ屋根の下で生活しながらも、お互いのプライバシーを尊重したいというカップルにおすすめです。

また、片方が夜遅くに帰ってきてもパートナーを起こしてしまう心配がないため、生活リズムの異なるカップルでも快適に生活できます。


2人家族で2DK・2LDKを選ぶ際に気をつけたいデメリット
良いこと尽くめに見える2DK・2LDKですが、もちろん気をつけるべきデメリットもあります。次に挙げる点は要注意です。

・1人1部屋にする場合、一緒にいる時間が少なくなり疎遠になるリスクがある。
・趣味や仕事にふけるあまり、一方のストレスの原因になるリスクがある。
・物件によっては家賃が高め。

特に1人1部屋を使う場合には、お互いが不干渉になりすぎないよう注意しましょう。例えば「朝ごはんは必ず一緒に食べる」「休日の午前中は一緒に過ごす」など、2人の時間を大切にできるルールを決めるのもおすすめ。また、寝室は2人一緒、もう1部屋を趣味部屋・仕事部屋として使えば、こうした問題はクリアできます。
 

2人家族で部屋を選ぶ際のポイント

同棲を始めるあなたへ!2人家族におすすめな部屋数と間取りのポイント

2人暮らしには1LDKや2DK・2LDKの物件がおすすめであるとお伝えしてきましたが、どちらがいいかは2人の考え方やライフスタイルによると言えます。最後に、2人家族で部屋を選ぶ際のポイントをご紹介しましょう。

重要なのは、1人の時間が欲しいかどうかという点。共通した趣味があって、2人で過ごす時間を大切にしたいのであれば、部屋数は1つで十分でしょう。つまり、1LDKの物件がおすすめということになります。

一方、お互いに別の趣味があったり、片方が家で仕事をする機会が多かったりといった場合には、1人の時間も大切にしたいところ。その場合には、部屋数が余分に必要となるため、2DKや2LDKの物件がおすすめなのです。
 

まとめ

自分のライフサイクルだけを考えればいい一人暮らしとは異なり、二人暮らしでは同居するパートナーの生活も考えなくてはなりません。2人の時間を大切にするのはもちろんのこと、時には1人の時間を確保したいと思うことが出てきます。そういったことも踏まえて、適した部屋数や間取りを選んでみてはいかがでしょうか。

以上、今回は2人家族におすすめの部屋数や間取りについて解説してきました。
 
WORKS MORE